「なに?なに?」
と思われたそんなアナタ。
" 百聞は一見にしかず " デスヨ。。

まずは
リボーンしたciroさんの羊革ブーツを
ご覧アレ\(>_<)/
Img_deda474d94914b327184f34485df0e29
before(約5年モノ。。)
Img_d8ff8243e3d5a38a929706eaacbf64ff
after(お色直し後)
主もびっくり。。
美人な羊さん。
編み模様もキレイじゃー(T.T)

ちなみに。。
"ものたび"さんが練った色には
オリジナルの名前がついてます(^x^)♪
今回の色名は。。

"Sheep Sleep BLACK"
no008/1000colors※
-----------------------------------------------------------------------------
※/1000colorsとは…
染色・補色した際に練った(つくった)色に、その時間の記憶を閉じ込めるため
「ものたび」が名づけたものとします。
色の再現性も大事ですが、むしろ文化や背景・個々人のもつ世界観の違いを飛び越え、
「あああ、その感じわかるかも」という、色の共感を求めてみたいと思っています。
-----------------------------------------------------------------------------

「うちの子も美人にしたい。。」
と思われたそんなアナタへ(笑)
鞄の写真をお借りしました♪

"Perry Black"
no001/1000colors

Img_069ebdd25f22356f17f67907e72a54ae
before
Img_d1e26ef2e306447ffcaa64334d5074cd
after
「ペリーさんの黒鞄」by "ものたび"

2月4日、海王星が魚座にやってきた。そのときも、歴史は動いた。
かつてこの星の位置だったころ、1853年日本にペリーさんの黒船がやってきたそうです。
そうして、日本は開国!
そして今、「黒船」(紙袋)に乗って鞄が初めてやってきた。靴のお手入れさんのところに。
散切り頭ではなく、髪を一つに束ねて。染め始めは、今日しかないと思った。
墨クロと思った色は、色を重ねるうちにチャコールグレーにも見えてきた。
乾かしては、染めるの繰り返し。
この“色”という作品を、今日を、忘れないように「ペリーさんの黒鞄」って呼ぶ。
-----------------------------------------------------------------------------
□よごれ落とし
靴クリーナー 原液をボロ布(綿)にしみこませ、表面の汚れを落とす。
[通気性回復・クリーム浸透性↑]

■革の染色
水溶性液体染料原液をボロ布(綿)にしみこませ、3回染色。
酸性のすっぱい香りは、陰干し2週間ほどで消えました。

□傷の補修
補修クリーム傷部分に塗布、余分なクリームをナイフや布でとる。
何回か塗り、30分乾燥。紙やすりかけ。

■革の補色
【黒/グレー】補修クリーム補修部分を中心に、塗りこむ。
※サンドペーパーが足りないと、インク盛り上がるので注意。
-----------------------------------------------------------------------------
あきらめずにカラーリペア♪ですよ☆
靴のかかとの擦れ(色落ち)など直りますよん(^^)v
(カラーリペア:500円/足)
ぜひ"長持ち生活"送ってくださいね♪


せっかくなので(?)
革の作品を紹介します(^x^)
"ものたび"さんとciroさんと3人で
ワークショップ「革のミニブーツづくり」に参加してきました♪
早くDOLLに履かせたい。。(笑)

「第5回 小さなカフェの蚤の市 "冬のおたのしみ"」in cafe a table (2012.12.8)
講師:remin
材料:ヌメ革・速乾ボンド
Img_d816d5a7480e4428e772500106932fd4
3.5cmの勇者たち♪(真ん中:とまこ作)
Img_08180c563a485a6ffe8f0b76a91c32fb
あ〜カワイイ。。"ものたび"さん作
Img_ee705da29c944b3022c8bf47d2cd28b2
も〜カワイイ。。ciroさん作